保健学
ページ内検索
English / アクセス / キャンパスマップ / お問い合わせ / 医学総合ポータル / サイトマップ
HOME 組織・施設概要 専攻紹介 教員紹介 入学案内 教員公募 保健学図書室
  リハビリテーション療法学専攻
  Department of Physical and Occupational Therapy
博士前期・後期課程 master's and doctoral course
 リハビリテーション療法学(理学療法学及び作業療法学)は、従来の身体機能回復訓練のみならず、疾患・外傷の初期段階から治療と機能回復、社会復帰を含めた、疾病管理・生活支援により患者家族の生活の質の向上を目指す総合医療分野として認識されてきている。近年では高齢社会の進展で、高齢者への早期からの予防的な疾病管理・生活援助を含めたリハビリテーション療法の確立も求められるなど、リハビリテーション療法の適用範囲は増大している。リハビリテーション療法学では、現代の高齢社会の中で患者家族の疾病管理・生活支援を推進するリハビリテーション療法を開発推進する高度の専門知識を有する指導的高度医療専門職の育成を図るとともに、新しいリハビリテーション療法学の分野を開拓創造する研究・教育者の育成を図ることを目的とする
理学療法学講座 Physical Therapy
 理学療法学は、身体組織および機能の障害、あるいは能力低下を持ちながらも、質の高い人生を送るために不可欠なリハビリテーション医療に関する研究推進ならびに高度専門教育を行う。そのために、障害の原因となる病態や機能障害の発生機序を生理学的に解明する基礎研究とともに、障害の効果的回復や機能維持、更には疾病・障害の再発予防に関する臨床研究を積極的に推進し、質の高い理学療法の基盤を創造する。また、学内他専攻はもとより、他大学ならびに海外の学術・研究 チームと積極的に交流し、国際的水準で研究推進ならびに後進の指導を行い得る人材の育成に努める。
作業療法学講座 Occupational Therapy
 作業療法学講座は、人の身体、精神、成長発達および老化に関するほとんど全ての機能障害とその病態を対象とする研究・教育を行う。そして、様々な機能障害に対する作業療法介入の効果、能力や障害の評価、あるいは生活支援や社会適応の開発など、特化した視点から見た高度な作業療法学の研究と教育を目指す。同時に本講座は、作業療法の対象となる身体的および精神的疾患に関わる基礎的研究と創造的開発を推進し、指導的な立場で国内外の研究、学際的な研究に携わり、高度な専門知識と技術をもって後進の教育を行うことのできる人材の育成に努める。
保健学科オープンキャンパス
opencampus
名古屋-延世大学間学術研究交流会
YONSEI
トータルヘルスプランナー養成コース
THP養成コース
リーディング大学院
Well-being in Asia 実現のための
女性リーダー育成プログラム

Well-being in Asia
脳とこころの研究センター
脳とこころの研究センター
東海がんプロフェッショナル養成プラン
東海がんプロフェッショナル養成プラン
予防早期医療創成センター(PME)
予防早期医療センター
名古屋大学大学院医学系研究科・医学部保健学科
〒461-8673 名古屋市東区大幸南一丁目1番20号
All Rights Reserved, Copyright © Nagoya University Graduate School of Medicine
NU