他部局の方へ

 入室
  • 入室時に「利用申請書」をカウンターで記入し、提出してください。
 閲覧
資料の閲覧方法
図書・雑誌自由に閲覧できます。ご覧になったものは、ご自分で元の場所に戻してください。
新聞当月分・前月分は自由に閲覧できます。前々月までの分は、カウンターにお申し出のうえ、「閲覧カード」に希望内容をご記入下さい。
AV資料(ビデオ・DVDなど) カウンターにお申し出のうえ、「閲覧カード」にご記入下さい。資料種別に応じて以下のように扱います。
  • 映像資料(ビデオテープ、ビデオディスク);専用機でご覧いただくため、当該資料・リモコン・ヘッドホンをお渡しします。
  • 電子資料(CD-ROM、DVD-ROM、FD);利用者用パソコンでは利用不可です。貸出可能な資料は、貸出手続きの上、ご自身でご利用ください。貸出ができない資料を閲覧希望の場合は、カウンターにお申し出ください。
  • 録音資料(音楽CD、語学テープ);CDラジカセと、当該資料・ヘッドホンをお渡しします。私用パソコンでの視聴はできません。
資料の並べ方と特徴
図書コーナーごとに背ラベル(請求記号)順で配架。
雑誌和雑誌・洋雑誌はタイトル順、紀要等は機関名の順に配架。
新聞タイトルごとに配架。
AV資料(ビデオ・DVDなど)背ラベル(請求記号)順で配架。
 貸出
種別 身分 冊数 期間
一般図書 他部局在籍者 3冊以内 14日以内
製本雑誌・未製本雑誌 他部局在籍者 3冊以内7日以内
AV・電子資料 他部局在籍者 1点 7日以内
問題集 他部局在籍者 1冊 7日以内
  • 参考図書や新聞のほか、所蔵最新号の雑誌、所蔵最新版の問題集は、貸出ができません。
  • 著作権者が貸出を認めないAV・電子資料は、貸出できません。
  • 貸出するときは、借りたい図書や雑誌と学生証・職員証を、カウンターへ提出ください。
  • 未製本雑誌など、資料IDを持たない資料を借りるときは、「帯出カード」に記入する必要があります。
  • 貸出予約のない一般図書に限り、1回だけ貸出更新ができます。延滞資料は貸出更新できません。
  • 貸出状況の確認や貸出更新には、利用状況の確認をご活用ください。
 返却
時間帯 返却方法 備考
開室時間中 カウンター担当者に直接渡し、手続きが終わるのをお待ちください。
閉室時間中 冊子に限り、図書室入口脇のブック・ポストに丁寧に入れてください。 建物(南館)開館時間内のみご利用できます。
  • CD、DVD、VHSテープ等は、破損防止のため、必ず開室時間中にカウンターへお返しください。図書の付属資料である場合も同様です。
 予約
  • 貸出中の資料に対して貸出予約を行うことができます。
  • 名古屋大学IDを持つ在籍者は、資料IDを持つ図書館資料の貸出予約を、Webから行うことができます。OPACの所蔵情報右端の「予約」ボタンをクリックし、その後は表示に従って手続きをしてください。
  • OPACから予約ができない場合は、身分証明書を持ってカウンターまでお出でください。
 複写
  • 必ず文献複写申込書を提出のうえ、著作権法の制限内で行ってください。
  • 大学生協のコピーカードを使って、専用機で複写できます。
  • ここでいう複写に、電子的な複製を作ることは含まれていません。
 パソコン
  • OPAC検索&データベース検索専用パソコンが2台あります。
  • 2箇所のコーナーに合計16台の利用者用パソコンがあり、専用IDでログインすれば使用できます。学内LANには接続されていますが、プリンターには接続されていません。
  • ご自分のパソコンを閲覧席で使用する場合は、打鍵音の発生が周りの方に影響を及ぼさないよう配慮をお願いします。
  • 図書室内では学内無線LANが使用できます。学内無線LANは、名古屋大学ID取得者とeduroam参加機関所属者専用です。
 AVブース
  • 図書室所蔵の視聴覚資料(DVD・ビデオ等)を視聴できます。2人同時視聴が可能です。
  • 利用したい資料をカウンターまで持参し、手続きをしてください。機器のリモコンとヘッドホンを貸出します。
  • 図書室所蔵資料の視聴専用です。私物の視聴には使用できません。
 保健学図書室の資料を取り寄せる
  • ご所属の図書室を通して、保健学図書室の資料や文献コピーを取り寄せることができます。ご所属の図書室にご相談ください。
  • ただし、資料現物を取り寄せた場合はご所属の図書室外への持ち出しをお断りしておりますのでご了承ください。
Top

学外の方へ

 入室
  • 利用希望の方は入室時に「利用申請書」をカウンターで記入し、提出してください。
  • 当図書室は、学術にかかわる学習・研究を目的として、所蔵資料を利用される場合にご利用いただけます。施設のみの利用希望には応じられません。
  • 施設見学をご希望の際は別途承りますので、カウンターにお申し出ください。
  • 学校行事(授業等)として、図書室利用や施設見学をご希望の学外の方は、事前にご相談ください。
  • 定期試験等のため所属学生の利用に差し障るおそれがあるときには、学外の方に一部のご利用をご遠慮いただくようお願いすることがあります。ご理解とご協力をお願いいたします。
 閲覧
資料の閲覧方法
図書・雑誌自由に閲覧できます。ご覧になったものは、ご自分で元の場所に戻してください。
新聞当月分・前月分は自由に閲覧できます。前々月までの分は、カウンターにお申し出のうえ、「閲覧カード」に希望内容をご記入下さい。
AV資料(ビデオ・DVDなど) カウンターにお申し出のうえ、「閲覧カード」にご記入下さい。資料種別に応じて以下のように扱います。
  • 映像資料(ビデオテープ、ビデオディスク);専用機でご覧いただくため、当該資料・リモコン・ヘッドホンをお渡しします。
  • 電子資料(CD-ROM、DVD-ROM、FD);利用者用パソコンでは利用不可です。貸出可能な資料は、貸出手続きの上、ご自身でご利用ください。貸出ができない資料を閲覧希望の場合は、カウンターにお申し出ください。
  • 録音資料(音楽CD、語学テープ);CDラジカセと、当該資料・ヘッドホンをお渡しします。私用パソコンでの視聴はできません。
資料の並べ方と特徴
図書コーナーごとに背ラベル(請求番号)順で配架。
雑誌和雑誌・洋雑誌はタイトル順、紀要等は機関名の順に配架。
新聞タイトルごとに配架。
AV資料(ビデオ・DVDなど)背ラベル(請求番号)順で配架。
 貸出
  • 名古屋大学に在籍していない方は貸出できません(下記の卒業生を除く)。
  • 名古屋大学医学部保健学科、医学研究科(保健学)および前身学校の卒業生は貸出できます。
種別 身分 冊数 期間
一般図書 医(保健学)の卒業生 3冊以内 14日以内
製本雑誌・未製本雑誌 医(保健学)の卒業生 3冊以内7日以内
AV・電子資料 医(保健学)の卒業生 1点 7日以内
問題集 医(保健学)の卒業生 1冊 7日以内
  • 参考図書や新聞のほか、所蔵最新号の雑誌、所蔵最新版の問題集は、貸出ができません。
  • 著作権者が貸出を認めないAV・電子資料は、貸出できません。
  • 貸出するときは「帯出カード」に記入し、身分証明書を提示してださい。
  • 貸出予約のない一般図書に限り、1回だけ貸出更新ができます。延滞資料は貸出更新できません。
 返却
時間帯 返却方法 備考
開室時間中 カウンター担当者に直接渡し、手続きが終わるのをお待ちください。
閉室時間中 冊子に限り、図書室入口脇のブック・ポストに丁寧に入れてください。 建物(南館)開館時間内のみご利用できます。
  • CD、DVD、VHSテープ等は、破損防止のため、必ず開室時間中にカウンターへお返しください。図書の付属資料である場合も同様です。
 複写
  • 必ず文献複写申込書を提出のうえ、著作権法の制限内で行ってください。
  • 大学生協のコピーカードを使って、専用機で複写できます。
  • ここでいう複写に、電子的な複製を作ることは含まれていません。
 パソコン
  • OPAC検索&データベース検索専用パソコンが2台あります。
  • 2箇所のコーナーに合計16台の利用者用パソコンがあり、専用IDでログインすれば使用できます。学内LANには接続されていますが、プリンターには接続されていません。
  • ご自分のパソコンを閲覧席で使用する場合は、打鍵音の発生が周りの方に影響を及ぼさないよう配慮をお願いします。
  • 図書室内では学内無線LANが使用できます。学内無線LANは、名古屋大学ID取得者とeduroam参加機関所属者専用です。
 AVブース
  • 図書室所蔵の視聴覚資料(DVD・ビデオ等)を視聴できます。2人同時視聴が可能です。
  • 利用したい資料をカウンターまで持参し、手続きをしてください。機器のリモコンとヘッドホンを貸出します。
  • 図書室所蔵資料の視聴専用です。私物の視聴には使用できません。
Top