保健学
ページ内検索
English / アクセス / キャンパスマップ / お問い合わせ / 医学総合ポータル / サイトマップ
HOME 組織・施設概要 専攻紹介 教員紹介 入学案内 教員公募 保健学図書室
看護学専攻
看護学専攻では、「人間・環境・健康・看護」について学習することによって、
看護を学問として追求し、看護職者および教育・研究者の育成を目指します
看護学

 看護学専攻では、人間の尊厳を基盤においた全人的看護を実践する看護専門職者を育成し、人々の健康に貢献すること、将来の教育者・研究者としての資質を育成し、看護学の発展に寄与することをめざして教育しています。
 卒業時には看護師、保健師(選抜制)、助産師(選抜制)の国家試験の受験資格が得られます。

《健康問題に対する人間の反応の理解》
 病気のなりたち、人間と環境の関係、看護診断を学びます。

《健康問題に対する人間の反応と看護》
 病める人が家庭・地域・病院(施設)において、質の高い生活ができるように、発達への援助を含めた看護を講義と演習、実習を通して学びます。

《専門的看護や将来看護を発展させる能力》
 専門性の高い看護や看護研究方法を学びます。


 看護護学専攻は4講座で構成され、(1) 基礎看護学講座では、人間の理解と看護実践の基本技術、看護の概念、看護過程、フィジカルアセスメント、コミュニケーション技法、看護援助および看護管理について教育・研究します。(2) 臨床看護学講座では、成人・老年期の心身の病気を持つ人に対して、急性期・回復期、慢性期、終末期における症状と、その人にあった援助方法を教育・研究します。(3) 発達看護学講座では、子どもと家族がより健やかであるための子どもと家族中心の看護について教育・研究します。また、女性の一生を通しての健康管理と妊娠・分娩期を中心とした周産期の援助について教育・研究します。(4) 地域・在宅看護学講座では、家庭と地域の健康維持、増進を図り、在宅で療養する人々への援助、また地域の保健医療、福祉システムとのつながりについて教育・研究します。
看護学専攻作成のページへ 看護学専攻 実習室 看護学専攻受験生の方へ
保健学科オープンキャンパス
opencampus
名古屋-延世大学間学術研究交流会
YONSEI
トータルヘルスプランナー養成コース
THP養成コース
リーディング大学院
Well-being in Asia 実現のための
女性リーダー育成プログラム

Well-being in Asia
脳とこころの研究センター
脳とこころの研究センター
東海がんプロフェッショナル養成プラン
東海がんプロフェッショナル養成プラン
予防早期医療創成センター(PME)
予防早期医療センター
名古屋大学大学院医学系研究科・医学部保健学科
〒461-8673 名古屋市東区大幸南一丁目1番20号
All Rights Reserved, Copyright © Nagoya University Graduate School of Medicine
NU