保健学
ページ内検索
English / アクセス / キャンパスマップ / お問い合わせ / 医学総合ポータル / サイトマップ
HOME 組織・施設概要 専攻紹介 教員紹介 入学案内 教員公募 保健学図書室
  メッセージ
保健学統括専攻長・保健学科長あいさつ
保健学統括専攻長

 
 
保健学統括専攻長・保健学科長  小嶋 哲人 
 

 名古屋大学医学部保健学科は、平成9年(1997年)に、全国でも数少ない5専攻(看護学、放射線技術科学、検査技術科学、理学療法学、作業療法学)を有する医学部保健学科として設置されました。その源流は、明治27年(1894年)愛知医学校での看護婦養成所設置に始まり、100年以上の歴史を有しています。平成24年(2012年)には、大学院中心の研究・教育組織へと組織強化を行い、大学院医学系研究科 看護学専攻・医療技術学専攻・リハビリテーション療法学専攻として一層の研究・教育の充実を図っています。

 現代の保健医療は、高度先進医療の急速な発展、少子高齢化社会の進行、さらには国際化の進む社会に対応して、大きく変貌してきています。名古屋大学では、将来の保健医療を担うリーダーとなる中核的人材を育成するとともに、次世代保健医療の新たな発展につながる保健医療学研究の推進を目指しています。そして、現代保健医療での課題解決を目指す研究力開発型大学院教育の展開と、アジア地域の保健医療系大学との連携強化によるグローバル人材の育成強化を図っています。

 研究面では、保健医療学の研究拠点形成を目指した領域融合型研究プロジェクト(①最先端医療に対応する医療技術開発、②一病息災時代の健康維持・増進に関する研究開発、③次世代地域医療・ケアモデル開発)を推進しています。また、「脳とこころの研究センター」や「名古屋大学予防早期医療創成センター」との連携により、幅広い研究プロジェクトの展開を図っています。

 人材育成では、がん治療関連の専門医療職を育成する「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」(平成24年度文部科学省採択)、多職種連携によるチーム医療推進を目指す本学独自の「トータルヘルスプランナー(THP)養成コース」(平成19年度文部科学省大学院GP採択)などにより、次世代の保健医療を担う指導的人材の育成に努めています。また平成22年度から文部科学省「看護師の人材養成システムの確立」に医学部附属病院と共同で取り組み、教育現場の大学と臨床現場の病院との連携による人材育成、研究・教育の発展に努めています。

 さらにグローバル人材の育成では、「博士課程教育リーディングプログム─『ウェルビーイング in アジア』実現のための女性リーダー育成プログラム─」(平成25年度文部科学省採択)を医学系研究科、生命農学研究科、国際開発研究科、教育発達科学研究科の4つの研究科が連携して取り組み、幅広い視野を持つグローバルリーダーの育成を図っています。また独自に「名古屋─延世大学学術研究交流事業」、「看護臨地実習短期国際交流プログラム」による国際交流も進めています。

 名古屋大学は、自由闊達な学風の下で「研究と教育の創造的な活動を通じて、世界屈指の知の創成と将来を担う勇気ある知識人を育成する」ことを目指しています。これまで、多くの卒業生・修了生が医療機関や教育機関でそれぞれ将来を担う中核人材として活躍しています。今後さらに保健医療学の研究・教育の発展に一層尽力し、現代保健医療の進歩に貢献したいと考えています。

保健学科オープンキャンパス
opencampus
名古屋-延世大学間学術研究交流会
YONSEI
トータルヘルスプランナー養成コース
THP養成コース
リーディング大学院
Well-being in Asia 実現のための
女性リーダー育成プログラム

Well-being in Asia
脳とこころの研究センター
脳とこころの研究センター
東海がんプロフェッショナル養成プラン
東海がんプロフェッショナル養成プラン
予防早期医療創成センター(PME)
予防早期医療センター
名古屋大学大学院医学系研究科・医学部保健学科
〒461-8673 名古屋市東区大幸南一丁目1番20号
All Rights Reserved, Copyright © Nagoya University Graduate School of Medicine
NU