保健学
ページ内検索
English / アクセス / キャンパスマップ / お問い合わせ / 医学総合ポータル / サイトマップ
HOME 組織・施設概要 専攻紹介 教員紹介 入学案内 教員公募 保健学図書室
放射線技術科学専攻
東館1階 
X線実習室
higashi-rt-01.jpg higashi-rt-02.jpg
実習用X線CT(東芝メディカル製TCT-300) マンモグラフィ装置(コニカミノルタヘルスケア製PCMシステム+RRGIUS CRシステム)
 主として医用機器工学実験でX線CTの性能評価、被曝線量測定に使われる他,卒業研究にも使われています.  X線位相コントラスト技術を応用した乳房撮影装置です.医用機器工学実験では乳房撮影装置の品質管理実験に使用している他,卒業研究や大学院の研究にも用いられています.
higashi-rt-03.jpg higashi-rt-04.jpg
放射線科情報システムおよび検像システムを用いた医用機器工学実験
 最近、多くの病院ではフィルムレス化が進んでいます。当大学では企業さまの協力を得て、最新のRISと検像システムを活用し、FCRを用いた人体ファントム撮影実習から医用画像のデジタル化に対応した診療放射線技師のX線撮影ワークフローについて学んでいます。 RIS (Infocom製iRAD-RS),検像システム(iRad-EV Station),画像ビューワ(Efilm),医療用高精細液晶モニタ(ナナオ製RadiForce, 2M,3M,5M),CRシステム(富士メディカル製FCR AC-3,AC-3HQ)
higashi-rt-09.jpg higashi-rt-06.jpg
X線CT, MRI画像を用いた3D画像表示
 医用機器工学実験では,テラリコン製AquariusNETを用いた心臓3D画像作成実習を行っています.
higashi-rt-07.jpg higashi-rt-08.jpg
骨密度測定装置 (HOLOGIC QDR 1000PLUS)
 医用機器工学実験では,骨粗鬆症の診断に用いられる骨密度測定装置の実習と品質管理について学びます.

第1RI実験室
 RI実験室では,密封,非密封の放射性同位元素を用いた実験を行うことができます。放射化学実験、計測実験,放射線管理学実験の他,卒業研究や大学院研究などにも利用されています。
higashi-rt-11.jpg higashi-rt-12.jpg
higashi-rt-13.jpg
高純度ゲルマニウム半導体検出器を用いた環境放射能の測定実験
環境中の微量の放射性同位元素を分析する実験が行われています。
放射線技術科学専攻
専攻紹介
大幸キャンパス施設 放射線技術科学専攻作成の
ページへ
保健学科オープンキャンパス
opencampus
名古屋-延世大学間学術研究交流会
YONSEI
トータルヘルスプランナー養成コース
THP養成コース
リーディング大学院
Well-being in Asia 実現のための
女性リーダー育成プログラム

Well-being in Asia
脳とこころの研究センター
脳とこころの研究センター
東海がんプロフェッショナル養成プラン
東海がんプロフェッショナル養成プラン
予防早期医療創成センター(PME)
予防早期医療センター
名古屋大学大学院医学系研究科・医学部保健学科
〒461-8673 名古屋市東区大幸南一丁目1番20号
All Rights Reserved, Copyright © Nagoya University Graduate School of Medicine
NU